おわりに

コンテナ型仮想化技術は,軽量な仮想環境として様々なところで利用されている. その中でもDockerを使用した開発は,開発環境の用意やチーム開発がかなりスムーズになるなどのメリットになる. Dockerfileさえ用意していればチーム内で同じ環境が用意できるので,トラブルシュートなどでも役立つのでぜひ活用してほしい. 研究システムの再現性を上げることにもなる. 仮想マシンのようにOSやミドルウェアなど,大量の関心事に縛られることなく,アプリケーションの開発に専念できることもメリットとして挙げられる.

Dockerコンテナを本番環境で運用するという事例も増えている. AmazonのElastic Container ServiceやKubernetesを利用し,疎結合な分散システムを構築するための有力なプラクティスとして,多数の企業で使用されている.

今後はコンテナで運用することが前提となる企業も多くなるだろう. そのため,研究システムやツールの開発などで使ってDockerやコンテナ周辺の技術に慣れていくと良い.

WindowsやmacOSでDockerをためしたいのであれば, Docker Desktopをインストールしてみると良い. WindowsであればWindows Subsytem for Linux 2(WSL2)を合わせて使うのがおすすめである.