Docker 入門

Agenda

話すこと

  • Docker自体の説明
  • Dockerの基本的な使い方

話さないこと

  • Dockerの環境構築
  • Docker Desktopなどの使い方

Dockerとは

Dockerとはコンテナ型仮想化ソフトウェアである. Dockerは,コンテナの起動(Run),コンテナイメージの作成(Build),コンテナイメージの公開(Share)などの機能を持つ. 現在最も普及しているコンテナ型仮想化ソフトウェアであり,Amazon Web Service(AWS)のElastic Container Service(ECS)のようなコンテナプラットフォームや,開発者の開発環境など広く使われている. Dockerはコンテナの中でもアプリケーションコンテナを扱う. アプリケーションコンテナのことをDocker, Inc. は「A standardized unit of software (ソフトウェアの標準化された単位)」だと表現している[1]. これは,コンテナとはコードと依存関係をパッケージ化したスタンドアロンなコンピューティング環境であり,高い可搬性(Portability)を持つということを指す. 要はDockerが入っているLinuxディストリビューションであればCentOSでもUbuntuでも同じコンテナイメージを用いてシステムを構築することができるというものである.

Dockerのアーキテクチャ

docker-architecture

Dockerは大きく分けて3つの要素から構成される.

  • docker コマンド: Dockerの操作を行うためのCLI
  • Dockerd: Dockerの操作を行うためのAPIを提供する
  • Container Runtime: コンテナの実行や状態管理を行うシステム
    • containerd: 高レベルコンテナランタイム
    • runc: 低レベルコンテナランタイム